お守りの中身は開けていいの?真実を教えます。

神社に参拝したとき、ついでにお守りを購入する人も多いと思います。

なお、買ったはいいものの、中身が気になった経験はございませんか?

そもそも、お守りは開けてみていいものなのでしょうか。
調べましたのでご覧ください。

お守りは開けてもいいの?

結論から言いますと、お守りは開けてはいけません。

これには様々な理由がありますので、それぞれ解説していきます。

バチが当たる

まず最初の理由としてバチが当たると言われているからです。

お守りの中身は神社のご神体と同じで、人の目に触れてはいけません。

その為、もし中身を見てしまうと、何かしらの災いが降りかかると言われているのです。

お守りの効果がなくなる

お守りは神様の分身と言われており、
効能を信じるものにしか効果がありません。

要は「神様を信じるものにしか、救いは与えませんよ」ということです。

中身を見るという行為は、
「神様を信じていない」「疑っている」
と言った意味になり、お守りの効果がなくなってしまうのです。

お守りの中身は?

でも、中身に何が入っているか気になりますよね?

実は「木の板」や「紙」が入っています。
物によっては絵が描かれているものもあるそうです。

「そんなものに効果があるの?」と思われるかもしれませんが、
ご祈祷がされたものになるので、しっかりと役割は果たすので安心してください。

最後に

今回述べたようにお守りは信じることが大切です。

お守りを信じて、持っているとあなたに幸福を届けたり、
守ってくれたりするはずです。

ですので、くれぐれも中身を見ないように心がけましょうね。

関連記事

  1. 【筥崎宮】放生会は令和三年も規模縮小して開催

  2. 参道はどうのように歩くの?

  3. 博多祇園山笠から消えた福神流

  4. 初詣の神社

    福岡ならではの定番。初詣は三社参りでお決まりの有名神社へ。

  5. 神道にも様々な流派があるってご存知ですか?

  6. お祓いに行く前に知っておくべきこと