神社でのお祓いはなぜするの?

なにか悪いことがあったり、気味の悪さを感じた時など、神社にお祓いに行く方っていますよね。

「お祓い=神社」みたいになっていますが、なぜこのような風習になったのでしょうか。

そこで今回は神社でのお祓いの意味を調べてきました。

お祓いとはなに?

そもそも、「お祓い」は神道において罪や穢れを心身から取り払う儀式です。

穢れとは人によって忌まわしいものを指しています。
簡単に言うと良くないことってことですね。

また「気枯れ」という意味もあります。
言葉の通り気が枯れるという意味で、人がもっている生命エネルギーが枯れていくといったイメージでよいと思います。

それらを取り除くことによって、今後エネルギッシュに過ごせるようにすると言うものです。

お祓いの効果

当然ですが、お祓いに化学的な効果は確認されていません。

しかし、お祓いに全くの効果がないのかと言われると、そんなことはないと思っています。

お祓いは日本の分化であり、日本人は古くから継承してきました。

お祓いでは独特の雰囲気の中で、行われる為、人の心に少なからず影響します。
安心感を得たり、心が引き締まったりなどを感じる方もいるでしょう。

お祓いによって、前向きになれる方も多く、今後の人生も豊かになっていく可能性も考えられるでしょうね。

最後に

いかがだったでしょうか。

今回はお祓いについて解説しました。

お祓いは日本の分化ですので、興味があるのであれば、一度調べてみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

  1. 櫻井神社、櫻井大神宮にお参りしてきました。

  2. 意外と歴史が浅い神前結婚式

  3. お守りは人から貰っても効果はあるの?

  4. 神社検定をご存知ですか?

  5. 筥崎宮放生会

  6. 初詣の三社参り向けに御利益別神社3選