春の風物詩、福岡市の「お花見スポット」をご紹介。

春と言えば、やっぱり。ウェザーニュースによると、2019年の福岡の開花予想は3月21日らしいです。陽射しの下で楽しむお花見や夜のライトアップなど、桜を楽しめる福岡市の神社をご紹介します。この時期しか見ることが出来ない景色を堪能しに、お出かけしてみてはいかがですか?

お花見スポット

光雲神社
ソメイヨシノやヤマザクラ、珍しい種類のヨウコウ桜など、約1,300本。
日本さくらの会選定「日本桜名所百選」に選ばれたお花見スポット「西公園」にある神社です。博多湾を望み、古くから県民の憩いの場として親しまれてきました。展望台からは博多湾や志賀島が一望できます。
見頃の期間にはライトアップもされているので、夜桜が楽しめます。

愛宕神社
ソメイヨシノやカンヒザクラなど、約2,000本。
幸せを呼ぶ桜として親しまれています。桜の開花に合わせ、「愛宕桜まつり」(観覧無料)が開催されます。
見頃の期間にはライトアップもされているので、夜桜が楽しめます。

紅葉八幡宮
早良区の神社で、その名の通り紅葉で有名ですが、お花見スポットの穴場です。ほとんどがソメイヨシノですが、見ごたえ十分です。
夜間は紅葉山公園の街灯でライトアップされ、夜桜も鑑賞できます。

名島神社
東区のお花見スポットです。龍が地に臥しているように見えることからその名が付いた臥龍桜が有名です。頂上の名島城祉公園から博多湾が一望でき、のんびりするには最高です。

関連記事

  1. 海の中道の更に先、志賀島の志賀海神社。

  2. 光雲神社の桜を見てきました。

  3. 鷲尾愛宕神社の桜を見てきました。

  4. 今年も愛宕神社の桜を見てきました。

  5. 福岡のお祭り「山笠」の情報とお祭りの楽しみ方お教えします