福岡市地下鉄七隈線の新駅名が「櫛田神社前」に。来年度開業予定

2013年に着工が始まった、福岡市地下鉄七隈線の延伸工事。

その事業のうちで、天神南駅と博多駅の間に設けられる新しい駅の名前が「櫛田神社前駅」に決まりました。

こちらの事業、9年ほど歳月をかけてようやく完成に至るようです。

着工は2013年度、完成は2020年度予定だったのですが、途中2016月8日未明に発生した七隈線延伸工事に伴う道路陥没事故(博多駅前)の影響で3年近くの工事延期となり、最終的に期間が約9年、費用が約587億円となり2022年度完成予定となりました。

駅の工事自体はキャナルシティと櫛田神社の間の道路あたりでずっと工事しているのを見かけていたのですが(全然終わらない工事だなと思いつつ)、駅出口もあのあたりになるのなら博多駅から櫛田神社への交通手段として地下鉄での移動は全然アリになったのではないかなと。

福岡市街地は西鉄の100円バスの範囲内ですが、バスは交通状況によって待ち時間、到着時間が変わってしまうため単純に早く到着したい場合には地下鉄のほうがよいと思います。

あとは、余談ですがこの事業工事の影響で博多周辺の地上道路もかなり通行規制など制限を受けているため、この工事が終了することで単純に地上の交通整理状況も改善するのではないかという予想もしています。

関連記事

  1. 鷲尾愛宕神社の桜を見てきました。

  2. 櫛田神社にて今年唯一の飾り山が完成

  3. 海の中道の更に先、志賀島の志賀海神社。

  4. 紅葉八幡宮の桜を見てきました。

  5. 10月に櫛田神社にて月ノ宴が開催

  6. 今年も愛宕神社の桜を見てきました。