神社のお祓いの種類を紹介

なにか悪いことがあったときなどに、神社にお祓いに行くことってありますよね。

そんなお祓いですが、用途ごとに種類があることをご存じでしょうか。

そこで今回は神社のお祓いについて、調べてきました。

そもそもお祓いってなに?

「お祓い」は神道において罪や穢れを心身から取り払う儀式です。

ようは人に悪いことがあったり、よくない気があるときに、
お祓いをして取り除くわけですね。

代表的なお祓いの種類

厄除け・厄祓

人の人生には「厄年」と呼ばれる、運気が悪い年があります。
厄年にはなにかしらの災いが降りかかると、言われています。

そんな時に行うのが厄除け・厄祓です。

厄除け・厄祓は厄年に起こる災いを取り除いてくれる効果があると言われています。

八方除け

八方除け(はっぽうよけ)というのは、地相・家相・方位・日柄などからくるあらゆる災いを除くご祈願のことです。

例えば、あなたが住んでいる家は方位、地相などが運気的に良くないかもしれません。
そのせいで、災いが降りかかることもあるでしょう。

そのような時に八方除けを行うと、災いから守ってくれるかもしれません。

交通安全・車祓い

その名の通り、交通に関するお祓いです。

新車を購入した時などに交通安全・車祓いを行うことにより、
交通事故などの災いからあなたを守ってくれます。

その他のお祓いの種類

一部ですが、その他のお祓いについても、のせておきます。

・家内安全
・職場安全
・工事安全
・竣工祭
・商売繁盛
・社業繁栄
・学業上達
・合格祈願
・心願成就

最後に

いかがだったでしょうか。

一口にお祓いといっても、様々な種類があることは分かって頂けたでしょう。

あなたが本当に望んでいるお祓いを受けたい場合は、
しっかりと調べてから神社に行くようにしましょう。

関連記事

  1. お祓いに行く前に知っておくべきこと

  2. [神社]厄年のお祓いはいつまでにいけばいい?

  3. 注連縄(しめなわ)には、どんな意味がある?

  4. 正しいお守りの持ち方を教えます

  5. [神社]お祓い料金の相場を紹介します!

  6. お守りが切れたら不吉なの?縁起がいいの?