櫻井神社、大神宮(さくらいじんじゃ、だいじんぐう)- 糸島市

概要

福岡県糸島市にあり、あらゆる縁を結ぶご利益があると言われています。
また、”櫻井”という名前から、嵐の櫻井翔さんにちなみ「嵐神社」のひとつと言われています。

縁起


櫻井神社
慶長十五年(1610年)に、雷雨が起こり電光一閃のうちに岩戸神窟が開け、ご神霊が顕現されました。それから、様々な霊験あらたかなことが起こり、福岡藩二代目藩主黒田忠之は家臣を二回に渡り遣わして、その答えが寸分違わぬ御験(みしるし)があったので、寛永九年(1632年)に豪華絢爛な社殿を創建しました。現在もその姿を留め本殿・拝殿・楼門は福岡県の重要文化財に指定されております。
櫻井大神宮
この地に天照大御神を勧請すべきご神託があったため、寛永二年(1625年)に、黒田忠之が神明造り茅葺の三殿を造営、伊勢神宮の御分神を奉祀しました。
伊勢神宮に習い、宮地を2ヶ所に定めて、20年毎に交互に改築してきましたが、慶応二年(1866年)の13回目の式年遷宮を最後に止まり、現在の社殿は約150年経ったお社です。

御祭神

櫻井神社
 神直日神(かんなおひのかみ)
 大直日神(おおなおひのかみ)
 八十枉津日神(やそまがつひのかみ)
櫻井大神宮
 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
 豊受大御神(とようけのおおみかみ)

御利益

櫻井神社
 縁結び
櫻井大神宮
 国家安泰
 子孫繁栄
 農業・漁業守護

櫻井神社のアクセス

住所
糸島市志摩桜井4227番地